どうもこんにちは、映像制作会社AndPiCS,llc.代表/映像作家の
早川ケンタロウです。
今日は映像制作の値段について書いていきたいと思います。

ズバリ!!
高すぎるんだよ!!映像制作!!です。

例えば、あなたが結婚することになって、式場も決まって

「やっぱり映像演出はやりたいなー」とか

「当日の映像を思い出に残したいなー」とか
考えていたとします。
または
あなたがアーティストで
「レコーディングもしたし、MVも作りたいなー」とか
「レコ発企画に合わせてプロモーションしたいなー」とか
考えていたとします。

そこであなたはツイッターやfacebookなどインターネットを使って調べるでしょう。
それで見つけた一つの制作会社。
打ち合わせをしていざ見積書を見た途端、あなたは目を疑います。

制作費30万円?

「なんでーー!!!!!???」

そしてあなたは思います。

「なんでこんなに高いの?」

制作会社は言います。

「映像製作の費用ってどこもこれぐらいですよ」と。

あなたは思います。

「まあ、これぐらいの金額出しておけば良いもの作ってくれるんだろう」

そしてあなたは莫大なお金を使うのです。。。。

待て待ってーーーー!!!!

高いってー!!!
30万あったら、良いバッグ買えますよ?
リッチな旅行もできますよ。近場やけど。
30万稼ぐのって、結構しんどいですよ??

そりゃそれぐらいの費用がかかる撮影もありますけど、
高いですやん!!!

よーく確認したほうがいいですよ。

ひと昔前だと、やれフィルム代や、やれ編集費やだの色々かかってましたけど
今の時代一眼レフで映画が撮れる時代です。
なんならiPhoneでも映画は撮れます。

編集するのも簡単にいろんなことができるアプリやソフトが出てきました。
映像なんて頑張れば誰にでも作れる時代なんです!!
そこで大事になってくるのが制作者のセンスです。
30万円出したからって良いものができるとは限りません。
映像を作る人にも向き不向きがあります。
「おしゃれに仕上げてください!」ってあなたが思っていても
制作者がダサかったら、やっぱり映像もダサいです。
「音とリンクさせたCGとか使ってリズミカルな映像にしてください」ってあなたが言っても
制作者がリズム感Oや音楽に興味がなかったら、やっぱりダサいものになります。
映像制作している方は大半の方がすごい技術を持ってます。
職人ですからね。
でも、畑違いなことを要求されたら、それに関しては素人になってしまいます。
僕は普通の会社紹介だとか、団体紹介の映像は撮れません。
固定カメラで撮られた映像を編集することも嫌です。

だからきちんと制作会社は選ぶべきですよ!!

もっと言うなれば、映像制作会社の担当クリエイターを選ぶべきです!

高いお金払って満足のいかない仕上がりに不満を漏らしている方
僕は何人かに相談されたことがありますから。

ここまで読んでいただいて誠にありがとうございます。

その他、動画を使ったマーケティングや、アーティストにとって

サイトやブログよりも大事なのがMV!!などのコンテンツを

下記サイトに記載しております。
よろしければお越しください。

ここから

保存

保存